ギャンブルでキャッシング自己破産

キャッシングを繰り返して自己破産に追い込まれる人は確かに存在します。
しかしこのような人の多くは、ギャンブルなどの遊興費をキャッシングでも捻出している人であり、一般的にこのようなケースは少ないのです。
そのため必要以上に自己破産した人の例を挙げて、キャッシングは怖いという人の意見を信用する必要はありません。
しかし、それ以外の場合であっても、キャッシングをして返済中に会社が倒産して返済することができなくなってしまったという事もあり得ます。
これは不幸としか言いようがなく、自己破産をさせることで保護する必要があります。
しかし、ギャンブルなどの遊興費で自己破産させることは、金融機関側としても納得がいかないのです。