お金を借りる時によく使われる金利とは?

まず、借入の際に金利という言葉を目にする機会が多いと思います。
融資を行う金融業者は、お金を貸すことで利益を得るため融資額に利息を加算した額を貸し出します。
金利はパーセントで表示されます。
審査は通常数日かかりますが、消費者金融業者などは申し込み当日に審査結果が出る即日審査を行うところが多いようです。
また、借入はいくらでもできるというわけではなく、金融業者によって融資可能な額が決められています。
それを借入限度額と言います。
借入限度額は金融業者によって異なりますが、申込者の年齢や職業、年収や過去の借入状況などにより決まるので、人によって違ってきます。
一般的に年収が高く、安定した収入を得る職業に就いている人で、過去に返済遅延などがないなど信用度の高い人の場合は借入限度額は高くなります。
そして、お金を借りる際にはキャッシングとかカードローンという言葉をよく耳にしますよね。
キャッシングというのは、借入をした金額を翌月で一括返済するという借入システムのことで、カードローンというのは、分割で返済する場合のことを言います。